2度の大火に耐えて残り、今年も見頃を迎えた寺桜=咲見町

 熱海市咲見町の市道沿いで樹齢140年とされる「坂町の寺桜」が見頃に近づき、観光客や市民の目を引き付けている。開花は例年より10日ほど早かった昨年並み。

 1944年と50年の2度、昭和期の熱海大火を生き抜いた桜として知られる。移転する前の医王寺があった場所に植えられていたことから「寺桜」と呼ばれる。「坂町」は当時の町名という。

 JR熱海駅前と中心街を結ぶ幹線道路に面することから、休日には散策を楽しむ観光客がピンク色の花を楽しんでいる。寺桜のいわれを書いた案内板を読み、時を超えて咲き続ける古木を見上げた。

 【写説】2度の大火に耐えて残り今年も見頃を迎えた寺桜=咲見町