見頃を迎えた大漁桜=網代

 熱海市網代の阿治古神社で、タイリョウザクラ(大漁桜)が見頃を迎えた。参拝者らが、淡いピンク色の花を楽しんでいる。

 市立多賀中元校長の故角田春彦さんが作った品種で、旗の形をした旗弁(きべん)がある。花の色がタイに似ていることから名付けられたという。

 地元の漁業関係者が1998年ごろに寄贈し、本殿付近に2本を植えた。同神社の役員が大切に育て、毎年美しい花を咲かせる。

 役員は「今年は例年より早く開花した。来週初めごろまでは楽しめそう」と話している。