熱海市立図書館は、サービスの向上を図るために図書館協議会を新たに設け、30日に第1回会議を館内で開いた。三田光行教育長が市民公募の2人を含む委員6人に委嘱状を手渡し、職員が同協議会の役割について説明した。

 図書館協議会は図書館法で「置くことができる」とされている。市は昨年、市図書館条例を改正したことから、同条例に基づいて設置した。学校・社会・家庭教育の各関係者、学識経験者、公募による市民で構成する。今回委嘱した委員の任期は2019年3月29日まで。

 第1回会議では会長、副会長を互選し、会長に井上弘さん(学校関係者)、副会長に野崎たみ子さん(学識経験者)が就いた。委員たちは図書館資料や利用状況についても説明を受け、館内を視察した。

 次回は8月に開く。図書館サービス向上の方策案を館長が諮問し、委員たちが具体的な協議を進めていく。