観光客らにみそ汁を振る舞う厄年奉賛会のメンバー=熱海駅前広場

 熱海市内3神社の本年度厄年奉賛会のメンバーが1日、JR熱海駅前で、観光客らに伊豆山で採れた天然のワカメを使ったみそ汁を振る舞いながら、熱海の観光イベントをPRした。

 伊豆山神社「伊豆山卯桜翠辰會(うおうすいしんかい)」の松本早人会長らがイベントを企画し、来宮、今宮両神社のメンバーにも参加を呼び掛けて決まった。3神社厄年奉賛会メンバーだけの催しは珍しいという。

 「伊豆山卯桜翠辰會」と来宮神社「跳昇伍團壱會(としょうごうまるいちかい)」(鈴木宜志会長)、今宮神社「今宮一心櫻結会(いまみやいっしんおうゆうかい)」(江間亮介会長)のメンバー約20人が参加した。

 みそ汁は約300人分を用意し、熱海駅前広場で配った。参加者は「伊豆山の天然ワカメのみそ汁をどうぞ」などと声を掛け、イベント案内が掲載されたチラシも配った。観光客らは「おいしい」「温まる」などと笑顔で味わった。

 松本会長は「多くの観光客が喜んでくれて良かった。一年を通じて遊びに来てもらえるよう、熱海をPRしていきたい」と話した。

 【写説】観光客らにみそ汁を振る舞う厄年奉賛会のメンバー=熱海駅前広場