個人の法形・実戦で好成績を収めた佐藤和奏さん・優真君姉弟

 ■切れある技で1、2位

 熱海市躰道協会に所属する双子で、ともに市立多賀中1年の佐藤和奏(わかな)さん・優真君姉弟が、神奈川県座間市でこのほど行われた神奈川県優勝大会の個人の法形と実戦、団体実戦で優勝、準優勝の好成績を収めた。

 2人は約20人で争われた各部門のトーナメント戦を切れのある技で勝ち進み、和奏さんは法形と実戦で準優勝、優真君は法形で優勝、実戦で準優勝した。さらに湯河原のチームに交じって出場した団体実戦で準優勝の原動力となった。

 同協会の指導責任者大川公男さんは「それぞれに経験を生かし、上級生を相手に良い戦いをした。7月に山梨県で開催される世界躰道親善大会での活躍が楽しみ」と話した。

 【写説】個人の法形・実戦で好成績を収めた佐藤和奏さん・優真君姉弟