季節の草花が並ぶ山野草市=熱海市の仲見世通り

 熱海市のJR熱海駅前、仲見世通りで4日、「山野草市」(熱海仲見世振興会主催)が始まった。季節の山野草の苗約100種700点が並び、市民や観光客の目を引き付けている。7日まで。

 伊豆市土肥の鍵山和夫さんが出展した。アヤメ系のイチハツやイリス・クリスタータをはじめ、チョウジソウ、白花トキソウなどがずらり。奥多摩小アジサイ、丸山ボタン、鳴子紫といった早咲きのヤマアジサイも並んだ。

 鍵山さんは「里山や湿原に咲く季節の花を多く集めた。自然の景色を想像しながら見て楽しんでほしい」と話した。時間は午前10時~午後5時。次回は27~30日にアジサイ展を予定している。

 【写説】季節の草花が並ぶ山野草市=熱海市の仲見世通り