斉藤市長から委嘱状を受け取る推進委員代表の石黒さん(右)=中央町の市いきいきプラザ

 ■金子会長(伊豆山)を再任

 熱海市健康づくり推進委員連絡会の2017年度総会がこのほど、市いきいきプラザで開かれた。市が新任17人を含む委員66人を委嘱し、会長に伊豆山岸谷の金子頼子さんを再任した。

 地域で健康づくりの普及、啓発を担うボランティア。総会には来賓として竹内浩視・県熱海健康福祉センター所長、鈴木秀旺・町内会連合会長が出席した。冒頭で斉藤栄市長が委員代表の石黒葉子さん(桃山台町)に委嘱状を手渡し、「地域の健康づくりのリーダーとして市民の健康度と健診率を高めてほしい」とあいさつした。

 総会では市民健康診査の周知、運動会や体育祭などでの地区活動、健康まつり開催、啓発活動を柱として本年度事業計画を決め、役員を選出した。委員・役員の任期は2年間。

 会長を除く役員は次の通り。

 【副会長】米山八重子(紅葉ガ丘町)橋本昌子(網代山)

 【ブロック長】泉・伊豆山=御嶽優子(東伊豆山)▽東部=渡辺満里子(咲見町)▽中部1=鈴木さち子(旭町2丁目)▽同2=長井加代子(上宿町)▽西部1=熊田秀子(清水町)▽同2=米山八重子(紅葉ガ丘町)▽南熱海=橋本昌子(網代山)

 【写説】斉藤市長から委嘱状を受け取る推進委員代表の石黒さん(右)=中央町の市いきいきプラザ