リズムに合わせて体を動かす参加者=下多賀の南熱海マリンホール

 ■生活に運動取り入れて

 熱海市の健康づくり「ハッピートリム教室」のうち、南熱海マリンホールを会場にした講座が9日、スタートした。6月下旬まで週1回開く教室で今回同会場に81人が応募した。初日は70人が参加し、軽やかに体を動かした。

 県公認スポーツリーダー・トリム指導者で、日本女子体育連盟ダンス・ムーブメント・インストラクターA級ライセンスの山田たつ子さんと、同B級ライセンスの横川さだみさんが講師を務める。

 「トリム」はノルウェーの造船・航海用語で「横揺れにバランスを取る」といった意味があり、自分に合った運動、バランスの取れた食事などを日常生活に取り入れてもらうのを目的としている。スキップ、手拍子、足踏みなどの動きを組み合わせ、リズムに合わせて全身を動かした。会場に流れる鳥の声やせせらぎの音を聞きながら深呼吸しストレッチに移った。11日から始まる市総合福祉センターには、前期26人、後期35人が申し込んだ。

 【写説】リズムに合わせて体を動かす参加者=下多賀の南熱海マリンホール