抽選する三田教育長=市役所

 ■7、8月ホームステイ

 熱海市教育委員会は16日、市役所で中学生海外研修補助事業の参加者を決める抽選会を開いた。オーストラリア・コースは川口皓平君(多賀2年)に決まった。シンガポール・コースは定員2人に対し応募が1人で、中村健人君(熱海2年)が参加する。

 いずれも国際青少年研修協会が主催する研修「スクール体験&ホームステイ」で、期間は7月30日~8月16日(18日間)。参加費の半額を市が補助する。

 同事業は1997年から実施していて、前年度までに46人が米国、カナダ、シンガポール、オーストラリアなどで研修している。募集に対し、欠員が出たのは今回が初めて。抽選に当たった三田光行教育長は「研修成果の周知など、今後事業のアピールに力を入れていきたい」と話した。

 【写説】抽選する三田教育長=市役所