岩瀬会長から自立更生表彰を受ける会員=市総合福祉センター

 ■岩瀬会長を再任

 熱海市身体障害者福祉会は17日、2017年度定期総会を市総合福祉センターで開き、役員改選で岩瀬輝美会長(中央町)を再任した。任期は2年。

 会員約60人と杉山利勝市議会議長、市社会福祉協議会の桜井優会長が来賓として出席した。冒頭には市が身体障害者相談員に委嘱状を交付した。

 あいさつで岩瀬会長は「国の障害者差別解消法と県の条例が成立した。差別解消が行き渡ることを期待したい」と述べた。このあと、自立更生に努める西山町の力石八重子さん、白畑美代子さんを表彰した。

 会議では前年度事業報告と決算、会員の交流と健康・生きがいづくり、社会参加に向けた研修を盛った本年度事業計画と予算(129万円)を承認した。

 総会後は歌手の谷本耕治さんを迎えた歌謡ショーを楽しんだ。

 副会長、会計は次の通り。

 副会長 高橋功、渡辺実(下多賀)堀部淳子(咲見町)▽会計 鴨川都(伊豆山)

 【写説】岩瀬会長から自立更生表彰を受ける会員=市総合福祉センター