初川の清流に乱舞し、幻想的な光景をつくりだすホタル=熱海梅園

 ■11日まで 淡い光、幻想的

 熱海市の熱海梅園で1日夜、初夏イベント「ほたる観賞の夕べ」(市観光協会主催)が始まった。初川の清流に無数のホタルが乱舞し、幻想的な光景が来園者を魅了した。11日まで。

 園内が夕闇に包まれる頃、水辺の葉陰でホタルが淡い光を放ち始めた。次第にその数が増え、盛んに飛び交うようになると、川沿いの遊歩道や橋の上に集まった来園者からは「すごい」「きれい」といった歓声が上がった。

 都内からの旅行中に訪れたという50代の女性は「熱海でホタルが見られるとは思わなかった」、20代の娘も「はかない感じがしてきれい」と満足そうに話した。

 開催時間は午後7~9時。入園・見学は無料だが、駐車場は有料(300円)。問い合わせは市観光協会〈電0557(85)2222〉へ。

 【写説】初川の清流に乱舞し、幻想的な光景をつくりだすホタル=熱海梅園