三田教育長から激励を受ける成人式運営スタッフの新成人=市いきいきプラザ

 来年1月7日開催の2018年熱海市成人式を企画する第1回運営スタッフ会議が22日、市いきいきプラザで開かれた。自薦と、出身中学から推薦のあった新成人男女各5人計10人のスタッフが出席し、思い出に残る成人式を検討していくことを確認した。

 同市成人式は12年から新成人の運営スタッフが内容などを企画し、運営している。会議の冒頭、三田光行教育長は「新成人による運営も7年目を迎えた。君たちの考えや思いが伝わる成人式にしてほしい」と激励した。

 会議では運営スタッフ代表に公務員後藤幸平さん(多賀中出身)、副代表に大学2年新藤達弥さん(初島中出身)を選任。市教育委員会の担当者が今後のスケジュール、MOA美術館・能楽堂で予定している来年の成人式の大枠などを説明した。続く内容の検討では「思い出に残る成人式にしたい」などとメンバーが思いを語り合い、プログラムの冊子に新成人オリジナルのページを作ることを決めた。式典の詳細は次回以降検討するとした。

 会議は12月まで計6回予定されている。

 【写説】三田教育長から激励を受ける成人式運営スタッフの新成人=市いきいきプラザ