熱海市は8月9日、熱海リノベーションまちづくり実行委員会の公開型会議の一環で「ATAMI2030子ども会議」を南熱海マリンホールで開く。小学4年生~中学生を対象に、参加者を募っている。定員30人(先着順)。

 2030年の熱海を担う子どもたちに、町の魅力、課題を学び、自由な発想で未来を考えてもらう体験学習型の会議で、町づくりや教育の専門家がサポートする。

 テーマは「公園」で、小山臨海公園の新しい楽しみ方、使い方のプランをフィールドワークとグループディスカッションを繰り広げて練る。アイデアは23日に開かれる「ATAMI2030会議」で発表する。

 時間は午前9時~午後4時。参加費500円(イベント保険加入費)で、弁当、飲み物などは持参する。

 問い合わせ、申し込みは市産業振興室〈電0557(86)6204〉へ。