軽快なリズムにのってダンスを繰り広げるサンバチームのメンバー=湯河原町

 熱海市泉の泉公園をメーン会場に29日夜、「納涼花火大会&サンバパレード」(伊豆湯河原温泉観光協会・同旅館協同組合、湯河原温泉観光協会共催)が開かれ、華やかなパレードと手筒花火、打ち上げ花火が詰め掛けた見物客を魅了した。

 サンバパレードには、埼玉県戸田市を拠点に活動するサンバチーム「アレグリア」のメンバーら約100人が連なった。落合橋付近から泉公園までの温泉街を練り、躍動感あふれる踊りを繰り広げた。

 手筒花火は湖西手筒花火保存会のメンバーが披露した。手作りの手筒花火100本に次々と点火。勢いよく火の粉が吹き上がると見物客からは拍手や歓声が湧いた。同じ湖西市の「笠子太鼓」が“共演”し太鼓やホラ貝の音を響かせ、手筒花火のパフォーマンスをもり立てた。

 【写説】軽快なリズムにのってダンスを繰り広げるサンバチームのメンバー=湯河原町