北斎の赤富士をイメージしたオリジナルスムージー=桃山町のMOA美術館

 ■29日まで販売

 浮世絵師・葛飾北斎の企画展「北斎『富嶽(ふがく)三十六景』」を開催している熱海市桃山町のMOA美術館のカフェが、北斎にちなんだ期間限定のオリジナルスイーツ「赤富士スムージー」を販売している。

 富嶽三十六景の代表的絵図の一つ「凱風快晴」に描かれた「赤富士」をイメージしたというスムージーは、伊豆の国市産の冷凍したイチゴの紅ほっぺと大美伊豆牧場の牛乳、氷をミキサーにかけたシャーベット状のジュースに、アイスクリームを載せ、イチゴソースをかけて仕上げた。

 素材の持つ爽やかな甘さとひんやりした食感、赤富士に見立てたアイスクリームが好評で、子どもや女性客が買い求めているという。価格は600円で、販売は企画展の会期である29日まで。

 【写説】北斎の赤富士をイメージしたオリジナルスムージー=桃山町のMOA美術館