キャンペーングッズを手渡すミス梅の女王の熊谷さん=田原本町のJR熱海駅

 ■ミス梅の女王らグッズ配りアピール

 道路愛護の精神を高めてもらおうと制定された「道の日」(10日)を前に県熱海土木事務所は2日、熱海市田原本町のJR熱海駅前で街頭キャンペーンを行い、安全で快適な道路環境の確保を呼び掛けた。

 同事務所や熱海市、市観光協会の職員、ミス熱海梅の女王の熊谷明日可さんら15人が参加した。

 「道路ふれあい月間」(8月)ののぼり旗を掲げながら、駅利用者に「この道でおはよう さようなら ありがとう」の推進標語が入ったポケットティッシュや、反射材などのグッズ300セットを配った。

 植松静夫所長は「道路は生活と密接につながっている共通財産で、道路を正しくきれいに使ってほしい」と話した。

 【写説】キャンペーングッズを手渡すミス梅の女王の熊谷さん=田原本町のJR熱海駅