県は9日午前10時、食中毒警報を発表した。今夏2回目。気温が高い状態が続いて、細菌性食中毒が発生しやすい気象条件となり、10日以降も続くと予想されることから、食品取り扱い施設や一般家庭に注意を呼び掛けている。

 注意事項は▽生で食べる食品の調理・取り扱いに注意し、なるべく早く食べる▽調理前の手洗い励行▽冷蔵庫内の温度は10度以下に保ち、食品の保存・管理に気を付ける▽家庭や行楽先でも調理食品や弁当は低温で保存しなるべく早く食べる―などを挙げている。

 9日現在の食中毒発生状況は10件317人(前年同期14件520人)。