ミニ電車の乗車体験を楽しむ家族連れ=十国峠山頂展望台

 「山の日」の11日、熱海市近郊の十国峠では十国峠ケーブルカーの夏休み特別企画の一環で「ミニ電車」運行が始まった。山頂は霧に包まれ、眺望はきかなかったものの、訪れた家族連れがミニ電車の乗車体験を楽しんだ。

 山頂の屋内展望台に専用のレールを敷き、伊豆箱根鉄道駿豆線1300系の8分の1スケールのミニ電車を走らせた。子どもたちはカメラを構えた父母らに手を振りながら、乗り心地を満喫した。乗車記念として、下敷きやケーブルカーのペーパークラフトのプレゼントもあり、子どもたちを喜ばせた。

 ミニ電車のほか、模擬改札口での切符切り体験や制服試着と記念撮影、電車のおもちゃ、工作体験の各コーナーがあり、家族連れが思い思いに時間を過ごした。

 この日は伊豆半島ジオガイド協会函南・三島エリアの会員3人が山頂に待機し、希望者に天候に恵まれれば見ることのできる十国峠からの景色や地形について説明した。

 特別企画の各種イベントは21日まで。問い合わせは十国峠ケーブルカー〈電0557(81)6895〉へ。

 【写説】ミニ電車の乗車体験を楽しむ家族連れ=十国峠山頂展望台