次の目標に向かい自宅前でトレーニングに励む長谷川さん=網代

 熱海市網代の長谷川里穂さん(3年)が所属する私立飛龍高女子ソフトボール部がこのほど、全国高校総体(インターハイ)で準優勝した。長谷川さんは代走選手で、県大会4試合で4得点を挙げ、インターハイでも全6試合に出場した。「日本一にはなれなかったことは悔しいけど満足している。本当にうれしい」と話した。

 小学2年から網代ジュニア、中学からは湯河原ベースボールクラブ(YBC)で野球に取り組んできた。女子野球部がある高校は少なく、YBCの監督からソフトボールを勧められ飛龍高に進学した。持ち前の瞬発力と判断力から、代走選手として活躍してきた。

 インターハイでは惜しくも得点は1点のみだった。「全国の守備は堅く、簡単には点を取らせてもらえなかった」という。創志学園高との決勝では、無得点で迎えた四回1死から安打で出塁した選手と交代した。重要な場面を任されたことで気合いも十分だったが、後続が続かず、自慢の足を見せることはできなかった。「決勝で点を挙げたかった」と悔しさをにじませた。

 3年間の部活動を振り返り「最初は野球との違いに悩むこともあった。今は後悔もなく楽しい3年間だった」と話した。現在は次の目標である野球の実業団に入団するため、日々トレーニングに励んでいる。

 【写説】次の目標に向かい自宅前でトレーニングに励む長谷川さん=網代