カウンタックに似せて作った軽トラックのカスタムカーに旧車ファンは感激しきり=長浜海浜公園

 ■“ミニカウンタック”に注目

 世界の名車が集う「熱海ヒストリカGP」(実行委員会主催)が23日、熱海市の長浜海浜公園で行われた。全国からマニア自慢の名車、旧車約180台が集結し、旧車ファンや車好きの人でにぎわった。

 愛好者の交流と熱海の活性化を願って2012年にスタートしたイベント。今回はフェラーリ、ポルシェ、BMWといった欧州の名車や、スカイラインGT―R、フェアレディ240Zなどの国産の旧車が勢ぞろいした。

 注目を集めたのはスーパーカーの代名詞ランボルギーニ・カウンタックに似せた1974年製の軽トラック「スバル・サンバー360」のカスタムカー。ドアが跳ね上がるガルウイングまで形状を忠実に再現した“ミニカウンタック”に、来場者は目を見張った。朝鮮戦争の戦地を走ったジープ、戦前のロールスロイスにも人垣ができた。

 初日はスラローム競技なども行われた。24日は午前6時半から、一部の参加車両によるヒルクライム・タイムアタックがホテルニューアカオのアカオハーブ&ローズガーデンで行われる。

 【写説】カウンタックに似せて作った軽トラックのカスタムカーに旧車ファンは感激しきり=長浜海浜公園