あいさつする富士山部部長の加藤博さん=春日町のKKRホテル熱海

 ワイズメンズクラブ国際協会東日本区の富士山部は24日、第40回部会と懇親会を熱海市春日町のKKRホテル熱海で開いた。県東部や首都圏などから来賓を含む80人が参加し、交流を深めた。

 本年度、熱海から東日本区理事に栗本治郎さん、富士山部部長に加藤博さんが就いた。加藤さんは「東日本区大会は沼津で開催されるので、この部会がみなさんを熱海にお招きできる唯一の機会。ミサイルが来たり、選挙もあったり、予想できない部分もあるが、普遍的なものを打ち立てていきましょう」と呼び掛けた。

 栗本さんは景気が良いとされる熱海を例に「熱海は年間110回、テレビ放映があり、良いイメージができた。ワイズも会員制交流サイト(SNS)の利用など、広報の仕方次第でもっと良くなる。今期、東日本区は会員が886人でスタートした。新入会員は67人で1クラブ当たりでは1・1人。それを2人以上にし、120人を増員したい」と語った。

 懇親会では、華志づ本ローズ一座による歌謡ショーが催された。

 第21回東日本区大会は来年6月2、3の両日、沼津市のプラサ・ヴェルデで開かれる。

 【写説】あいさつする富士山部部長の加藤博さん=春日町のKKRホテル熱海