お宿グルメの販売ブースで買い物を楽しむ来場者=長浜海浜公園

 ■5軒の板長が“合戦”きょうまで

 熱海市の長浜海浜公園で30日、「南熱海お宿グルメフェスタ~エビカニ合戦」(南熱海網代温泉旅館協同組合主催)が始まった。加盟の5軒が旬の食材を使った自慢の海鮮料理を提供し、行楽客でにぎわった。1日まで。

 各施設のブースには「車海老(エビ)のエスニックスパイス」(大成館)、ばらちらしの「エビとカニの真剣勝負」(平鶴)、「伊勢海老の釜めし」(やどかり)、「カニちらし」(みやこ荘)、「海老パンドック」(あじろ磯舟ホテル)など、バラエティーに富んだ料理が並んだ。

 来場者は好みの料理を買い求め味わった。沼津市から来た40代の会社員女性は「インターネットでイベントを知った。いろいろ食べてみたい」と話し、熱心に品定めをした。

 イカメンチやサザエのつぼ焼き、干物などの販売もある。実行委員長の大柴輝久さん(みやこ荘)は「板長が工夫した料理を楽しんでほしい」と呼び掛けている。1日は午前10時~午後3時の開催。問い合わせは同組合〈電0557(68)0140〉へ。

【写説】お宿グルメの販売ブースで買い物を楽しむ来場者=長浜海浜公園