通行人から募金を受け取る関係者=清水橋

 赤い羽根共同募金運動が1日、全国一斉にスタートした。熱海市共同募金委員会(滝野慶子会長)は2日、市内4カ所で街頭募金活動を行った。

 活動には同委員会、市、福祉施設・団体、市社会福祉協議会から25人が参加した。

 清水橋周辺の活動には斉藤栄市長も加わり、募金箱を手に歩行者らに協力を呼び掛けた。募金した人には赤い羽根を手渡し、礼を述べた。滝野会長は「高齢者や障害者の助けとなれるよう、少しでも多くの募金が集まるよう、みんなで力を合わせていく」と話した。

 同日はJR熱海駅、マックスバリュ熱海店、マックスバリュエクスプレス熱海多賀店の周辺でも活動した。

 同運動は12月31日まで。

 【写説】通行人から募金を受け取る関係者=清水橋