関係者に見送られ、チェックポイントを出発する堺正章さんの車両=長浜海浜公園

 ■クラシックカーレース 最終日に市内通過

 クラシックカーで公道を走るラリーイベント「ラ・フェスタ・ミッレ・ミリア2017」最終日の16日、約100台の参加車両が熱海市内を通過した。チェックポイントの長浜海浜公園では、多賀観光協会の役員らがドライバーらに記念品を手渡し、声援を送った。

 雨の中、1920~60年代のブガッティ、ベントレー、フィアットなど往年の名車が続々と同公園に入った。同協会の山田哲也会長がチェックシートにスタンプを押し、他の役員が入浴剤やPRチラシと一緒にドライバーらに手渡し「気を付けて」などと声を掛けた。

 タレントの堺正章さんや清水国明さん、ラリードライバーの篠塚建次郎さんが愛車で参戦したほか、BSフジの特番でスペシャルナビゲーターを務める女優・羽田美智子さんの姿もあり、傘を手に同公園に集まった見物客の注目を集めた。

 国際クラシックカー連盟の公認を受け1997年に始まったレース。今回は20周年記念大会で、東京・明治神宮を発着地に関東甲信越と静岡の1都7県を4日間で巡る約1100キロのコースで実施された。エントリーしていた歌手の近藤真彦さんは、車両故障で14日にリタイアした。

 【写説】関係者に見送られ、チェックポイントを出発する堺正章さんの車両=長浜海浜公園