胃がん治療の最新事情を紹介した医学講座=東海岸町の国際医療福祉大熱海病院

 熱海市東海岸町の国際医療福祉大熱海病院でこのほど、第42回医学講座が開かれ、市民ら63人が胃がん治療の最新事情を学んだ。

 定期的に開いている一般向け無料講座。今回は同病院外科医の瀬上顕貴さんが「最新の胃がん治療~腹腔(ふくこう)鏡手術と抗がん剤治療~」をテーマに話した。

 瀬上さんは胃がんががんの死亡率で上位にあり、毎年多くの人が亡くなっている事実を説明。治療法についてはステージ1~3で普及が進む患者の負担が少ない腹腔(ふくこう)鏡手術、同4の進行がんで行われる抗がん剤治療など、日々進歩する胃がん治療の最前線を紹介した。腹腔鏡手術の模様を映した動画を交えた話を受講者は熱心に聞き入った。

 【写説】胃がん治療の最新事情を紹介した医学講座=東海岸町の国際医療福祉大熱海病院