五穀豊穣を祈り豊栄舞を奉納するみこ=来宮神社

 ■60人出席し新穀感謝祭

 熱海市西山町の来宮神社(雨宮盛克宮司)は23日、新穀感謝祭を開いた。総代や祭典委員、御鳳輦(ごほうれん)奉仕者ら約60人が出席し、自然の恵みに感謝した。

 雨宮宮司が祝詞を奏上し、みこが稲穂を手に、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈る「豊栄舞」(とよさかのまい)を奉納した。続いて参列者が玉串をささげた。

 新穀感謝祭の前には、境内で来宮弁財天例大祭の神事も行われた。

 【写説】五穀豊穣を祈り豊栄舞を奉納するみこ=熱海市の来宮神社