楽しげに干支の犬の縫いぐるみを作る参加者=市いきいきプラザ

 熱海女性連絡会(滝野慶子会長)は4日、干支(えと)づくり教室を市いきいきプラザで開いた。一般参加の5人を含む29人が干支の犬の縫いぐるみを作った。

 暮れの恒例行事。今年は「しあわせ夫婦犬」をテーマにちりめんを使って高さ、長さ各約10センチの仲むつまじい犬のペアに挑戦した。

 参加者はベテラン会員の指導を受けてチクチクと針を動かし、かわいらしい縫いぐるみを仕上げた。毎年参加しているという桜町の岩崎春江さん(82)は「普段、針仕事はしないけど、この教室は毎年楽しみにしている。完成品は居間に飾るつもり」とにこやかに語った。

 滝野会長は「家族や子どもの幸せを願い、思いを込めた作品にしてほしい」と話した。

 【写説】楽しげに干支の犬の縫いぐるみを作る参加者=市いきいきプラザ