自撮りなど記念撮影の人が絶えない香林亭前=熱海梅園

 熱海市梅園町の熱海梅園では「熱海梅園もみじまつり」(3日まで)のイベント終了後も“紅葉狩り”の入園者が続いている。6日は家族連れやカップル、女性グループらが、写真撮影の好ポイントを探しながらのんびりと園内を散策した。

 園内北側の香林亭前では午前中、紅葉に囲まれた展望スペースが人気ポイントになっている。日の光が葉を透かし、黄色やオレンジ色、赤色の葉が鮮やかさを増すためで、数組が同時にカメラを構えることもある。

 東京都大田区から訪れた須田妙子さん(75)は「梅園へ向かう途中、JR来宮駅で台湾からきた女性と知り合い、一緒に園内を巡っている。京都が有名で人気だが、熱海の紅葉は十分きれい。色づいた葉を2人で記念に拾った」と話した。

 【写説】自撮りなど記念撮影の人が絶えない香林亭前=熱海梅園