服装を点検する土屋消防長(右から2人目)と斉藤市長(右端)=市役所

 ■年末特別警戒始まる

 熱海市消防本部は25日、年末特別警戒のスタートに合わせ、市役所屋上で市長特別点検を実施した。年末の火災予防に向けて意識を高めた。

 きびきびとした動きで整列した消防職員の服装などを斉藤栄市長、土屋千秋消防長が確認した。斉藤市長は「今年も残りわずか。本当にお疲れさまでした」とねぎらうとともに、「年末そして新年も市民、観光客の安心安全のため尽力してほしい」と激励した。

 年末特別警戒は31日まで。夜間巡回や火災予防広報などを行う。

 【写説】服装を点検する土屋消防長(右から2人目)と斉藤市長(右端)=熱海市役所