子どもたちとお飾りを作る加藤さん(中央)=市いきいきプラザ

 ■お飾り作りに参加 中央公民館

 熱海市の行うインターンシップ(職業体験)で26日、大学生2人が中央公民館を会場にしたお飾り作りに参加し、小学生をサポートした。

 熱海市出身で静岡大人文学部法学科3年の加藤慎得さん(20)と、三島市の日本大国際関係学部国際総合政策学科3年の坂下なぎささん(21)。

 2人はそれぞれ小学生のグループに入り、3、4人で協力して縄をなうなど一連の作業に当たった。

 中学校の教諭を希望し、泉中で教育実習を行った加藤さんは「子どもとの交流は慣れているが、しめ飾り作りは初めてで難しい。政令指定都市の静岡市でも少子化の問題があり、今後は解決の方法なども考えていきたい」と話した。

 公民館寺子屋は、市姫の沢自然の家が開くふるさと教室に加わった。

 【写説】子どもたちとお飾りを作る加藤さん(中央)=熱海市いきいきプラザ