熱海市下多賀の小山毘沙門堂で2、3日、大祭が開かれる。3日午前5時半~6時半は、毘沙門天像をご開帳する。

 同像は、鎌倉時代を代表する仏師・運慶の作と伝わる。2日午後6時半から、古い札のたき上げ、7時からは特別祈念を行う。

 小山毘沙門堂は、南熱海支所近くのJR伊東線ガードをくぐって100メートルほどに建つ。