音楽に合わせ絵を描く水森さん=清水町の水森亜土のおもちゃ箱画廊熱海店

 ■パフォーマンスに注目

 イラストレーターで歌手としても活動する水森亜土さんが5日、熱海市清水町の水森亜土のおもちゃ箱画廊熱海店で、ショーウインドーを使った「お絵描きパフォーマンス」を披露した。市民や市外のファン約50人を前に、かわいらしい絵を次々と描いた。

 水森さんは縦2・3メートル、横3メートルのガラスをキャンバスに、店内からペンやカラースプレーを使用して動物や子どもの絵を描いた。時折「黒と白だとどっちが見えやすいかな」などとファンの意見を聞く場面もあった。

 完成した絵のタイトルは「亜土のわくわく世界」。水森さんは「絵を見て市民や観光客にわくわくしてもらえたらうれしい」と話した。

 イベントに合わせ同店で水森さんが熱海をモチーフに制作した版画が発売され、ファンの注目を集めた。

 【写説】音楽に合わせ絵を描く水森さん=清水町の水森亜土のおもちゃ箱画廊熱海店