焼きたての干物の振る舞いを受ける家族連れ=大縄公園

 熱海市下多賀の大縄公園で13日、「網代温泉ひもの祭り」(網代温泉観光協会主催)が始まった。焼きたてのアジの干物の振る舞いをはじめ、地場産品の販売、フリースタイルフットボールのパフォーマンスなどを催し、行楽客でにぎわった。14日まで。時間は午前10時~午後3時。

 2日間で5千枚のアジの干物を用意。会員が次々と炭火で焼いて配った。伊東市から家族3人で来場した自営業の男性(45)は「炭火で焼いた干物はおいしい」と舌鼓を打った。

 サザエご飯やアジフライ、アジずし、イカの塩辛、かんきつ類といった地場産品の販売コーナーも人気を集めた。

 問い合わせは同協会〈電0557(68)0136〉へ。

 【写説】焼きたての干物の振る舞いを受ける家族連れ=大縄公園