中島館長(左)から梅の小枝を受ける来館者=起雲閣

 熱海市の起雲閣は28日、来館者に梅の小枝をプレゼントし、好評を集めた。

 市立沢田政広記念美術館の元館長川口修身さん(下多賀)から提供された紅梅「八重寒紅」で、花やつぼみをつけた約300本を数本ずつ束にして用意。来館者に熱海の一足早い春を感じてもらおうと、先着100人に配った。

 山梨県富士吉田市から訪れた堀内真人さん(69)、菊子さん(68)夫妻は中島美江館長から束を受け、「思いがけないプレゼントでうれしい」「家に飾りたい」と喜んだ。

 【写説】中島館長(左)から梅の小枝を受ける来館者=起雲閣