来場者の注目を集める作品=菓子舗間瀬熱海咲見町店

 熱海市の菓子舗間瀬熱海咲見町店で、南伊豆町の画家矢谷千景さんが個展を開いている。「金と銀との出会い」と題し、金箔(きんぱく)、銀箔を使った日本画7点を展示し、訪れた人の目を引いている。

 南伊豆の海、花火を見て描いた「光の海」「花火」など、自然をモチーフにした鮮やかで深みある色彩の作品が並ぶ。熱海市のMOA美術館が所蔵する尾形光琳筆の国宝・紅白梅図屏風を見た印象を描いた「紅白梅図」も展示した。

 矢谷さんは「伊豆の自然をモチーフにした作品を多くの人に見てほしい」と話した。

 27日まで(木曜日定休)。時間は午前9時~午後5時。問い合わせは同店〈電0557(81)6660〉へ。

 【写説】来場者の注目を集める作品=菓子舗間瀬熱海咲見町店