表現に工夫を凝らした書作品が並ぶ県書道連盟熱海・伊東支部展=起雲閣

 熱海市昭和町の起雲閣ギャラリーで18日まで、県書道連盟熱海・伊東支部(中田一沙支部長)の作品展が開かれている。支部に所属する指導者や愛好者らの書42点が並び、来場者の目を引き付けている。

 30~80代の会員21人が2点ずつ出展した。中国の古典から近代詩文まで、題材はさまざま。与謝野晶子の歌や「波」といった好きな言葉を自由に表現した作品も並んだ。

 中田支部長は「いろいろな社中が集まっているので、作品もバラエティーに富んでいる。作品展を通して書に親しんでもらえたらうれしい」と話した。

 地域の文化振興などを目的にした書展で、3回目。18日の開催時間は午前9時半~午後4時。

 【写説】表現に工夫を凝らした書作品が並ぶ県書道連盟熱海・伊東支部展=起雲閣