見頃になった源平しだれ桃を紹介する小松さん(右)=下多賀の小松しんちゃん農園

 熱海市下多賀の「小松しんちゃん農園」で、源平しだれ桃が見頃を迎え、散策に訪れる人を楽しませている。

 農業小松伸一さん(75)の農園で園内には約10本の木が植わる。以前は4月がピークだったが、近年は3月下旬で定着した。紅白の華やかな色合いが特徴。割合は年によって変わるため、毎年訪れる人もいるという。

 広さ約8500平方メートルの園内では、花桃約500本や菜の花が盛り。黄色いスイセンやモクレンも咲き始め、春らんまんの風景が広がる。

 小松さんは「5月にはミカンの花やヤマツツジなどが咲く。しばらく花の絶えない状態が続くので、ぜひ楽しんでほしい」と話した。見学は自由。花の説明を聞きたい人は小松さん〈携帯090(5399)0763〉へ。

 【写説】見頃になった源平しだれ桃を紹介する小松さん(右)=下多賀の小松しんちゃん農園