健幸チャレンジの記録帳を手に参加を呼び掛ける市職員

 熱海市は2018年度「健幸チャレンジ」の参加者を4月2日から受け付ける。市の担当者は「健康に対する意識を高めるためにも、より多くの人に参加してほしい」と呼び掛けている。

 運動や減塩、健診の受診を促すことを目的とした市独自の取り組みで、6年目。40歳以上の市民が対象で、活動によってポイントを加算し、景品と交換できる。

 ポイントは健康管理、社会参加・運動、ボランティア、学習、減塩の5部門の活動で得られる。自己申告制で、記録帳に活動した日付を記入する。

 景品は歩数計、塩分計、エクササイズボールなど健康グッズのほか、市内のスポーツ施設、日帰り温泉の利用券もある。

 受け付けは12月28日まで。問い合わせは市長寿支援室〈電0557(86)6336〉へ。

 【写説】健幸チャレンジの記録帳を手に参加を呼び掛ける市職員