静岡DCの限定プランとしてプレ期間も実施する「気球遊覧」=熱海サンビーチ(市観光協会提供)

 ■気球遊覧やウオーク 期間中イベント多彩

 来年の大型観光宣伝「静岡デスティネーションキャンペーン(DC)」に先立ち4月1日、プレキャンペーンがスタートする。熱海市内では同日、JR熱海駅でのリゾート列車「伊豆クレイル」の“お見送り”を皮切りに、6月までのプレ期間中、気球遊覧やガイド付きウオークなどを展開し、熱海ならではの景観や歴史を発信する。

 同市は本番となる2019年4~6月に、10の商品企画を計画する。ジャカランダ・フェスティバル、熱海芸妓(げいぎ)衆による「熱海をどり」、来宮神社といった既存の催し・資源に磨きを掛ける一方、気球遊覧「気球に乗って熱海の景色を独り占め」、ガイド付きウオーク「『ブラアタミ』熱海の歴史を散策」といった新規企画を盛り込んだ。

 気球遊覧は4月14、15、21、22日、5月12、13、26、27日、6月9、10、16、17日に熱海サンビーチで実施する。気球に乗って普段とは違う“視点”から熱海の海や街並みを眺めて、新たな魅力を発見してもらう。実施日を海上花火大会やジャカランダ・フェスティバルに重ねることで、にぎわいづくりの相乗効果を狙う。

 ガイド付きウオークはNHK番組「ブラタモリ」で紹介された市街地の名所を巡り、熱海温泉の歴史をアピールする。熱海まち歩きガイドの会が案内役を務める。予約制。

 秋に開催していた「あたみ海辺の薪能」をプレ期間の5月中旬に移すほか、熱海海上花火大会を4~6月に2回ずつの日程を組んだ。4月5日以降、市のホームページにプレ期間中の主な催しの情報を掲載し、周知を図る。

 問い合わせは市観光推進室〈電0557(86)6192〉または、市観光協会〈電0557(85)2222〉へ。

 【写説】静岡DCの限定プランとしてプレ期間も実施する「気球遊覧」=熱海サンビーチ(市観光協会提供)