高齢者に事故に注意するよう呼び掛ける交通安全指導員(左)ら=JR熱海駅

 春の全国交通安全運動が6日、スタートした。15日まで。熱海市内では子どもや高齢者の安全な通行確保、高齢運転者の事故防止などを中心に啓発活動を行う。

 熱海署はJR熱海駅で啓発品を配った。署員2人と交通安全指導員3人が出て、運動をPRした。高齢者や子どもらに「事故に気をつけて」と声を掛けて、反射材付きのたすきなどを手渡した。

 太田智也交通課長は「市内の事故は増加傾向にある。積極的に活動をアピールして事故減につなげていきたい」と話した。

 市交通安全協議会は、悪天候のため同日予定していた出発式、街頭広報を中止した。

 【写説】高齢者に事故に注意するよう呼び掛ける交通安全指導員(左)ら=JR熱海駅