熱海市と市観光協会は14日から、熱海サンビーチと周辺で、熱気球遊覧の体験会をはじめとする空、陸、海を楽しむアクティビティー(活動)を繰り広げる。来年の大型観光宣伝「静岡デスティネーションキャンペーン(DC)」に先立つプレキャンペーンの企画で「体験を楽しみながら熱海の魅力を再発見してほしい」とアピールする。

 熱気球遊覧は地上10~25メートルの「空」から、熱海ならではの景観を楽しんでもらうのが狙い。併せてミニセグウェイの体験会を「陸」のサンデッキ、シーカヤックやボートの体験会を「海」の熱海サンビーチ(離岸堤内)で実施する。

 開催は14、15、21、22日、5月12、13、26、27日、6月9、10、16、17日の全12日間で、時間は午前8時~午後5時。気球のみ午前8~10時と午後3~5時の2部制で、気象条件によって変更する。体験料はいずれも1500円で、熱気球を含めて複数体験する場合は割引がある。

 各日午前7時50分から、熱海サンビーチ中央付近で受け付ける。体験希望者は直接、受付で申し込む。

 詳しくは市観光協会〈電0557(85)2222〉へ。