伊豆半島ジオパークの世界認定を記念して掲出された懸垂幕=中央町

 ■「誇りと自覚持とう」

 熱海市は18日、伊豆半島ジオパークの世界認定をPRする懸垂幕を市庁舎(消防庁舎)に掲出した。

 懸垂幕は縦9・8メートル、幅1・4メートル。「祝世界加盟 ようこそ伊豆半島ジオパークへ」などと記され、市民や観光客に世界認定をアピールしている。掲出は27日まで。

 斉藤栄市長は「国連の一機関であるユネスコの認定は大変価値があり、住民は誇りと自覚を持つべきだろう。本市としては学校でのジオパーク学習、ジオサイトへのアクセスや案内看板の整備などを検討したい」と話した。

 【写説】伊豆半島ジオパークの世界認定を記念して掲出された懸垂幕=中央町