死亡事故ゼロ100日達成をPRし交通安全などを訴える署員=JR熱海駅前

 熱海市内の交通死亡事故ゼロが26日で連続100日となった。熱海署は同日、JR熱海駅前で啓発活動を行い、死亡事故ゼロが一日でも続くように駅利用者に交通安全を訴えた。

 署員や交通安全指導員が100日達成を伝え「事故に注意を」「国道は車が多いので気を付けて」などと呼び掛けながらチラシ約300枚を配った。太田智也交通課長は「これから大型連休で車も増える。交通指導や取り締まりをしっかりとして事故を防ぎ、200日、300日を目指していく」と話した。

 市内では2年以上にわたり交通死亡事故ゼロが続いていたが、1月15日に発生した事故により780日で記録が途絶えた。

 特殊詐欺被害防止啓発も合わせて行った。

 【写説】死亡事故ゼロ100日達成をPRし交通安全などを訴える署員=JR熱海駅前