池の広場上空で、風を受けて泳ぐこいのぼり=伊豆山の姫の沢公園

 大型連休を前に27日、熱海市伊豆山の姫の沢公園施設事務所は同公園池の広場にこいのぼり43匹を飾った。色づくツツジ園をバックに泳ぐ姿が、訪れる人の目を引いている。

 こいのぼりを付けた長さ160メートル、太さ約2センチのロープを池の上に張り、人力で巻き上げた。

 広場上空に並ぶこいのぼりを見つけ、「すごい」「きれい」と歓声を上げる女性グループや、記念写真を撮る家族連れもいた。

 今年は連休の呼びものとなっているツツジの開花が早かった。山腹に約6万本が植わるツツジ園では、すでに早咲き種を中心に見頃を迎えている。

 同事務所は2日に1回、ホームページの写真を差し替えて、ツツジの開花状況を紹介しているが「ペースが早く、連休前半がいいと思う」と話している。

 【写説】池の広場上空で、風を受けて泳ぐこいのぼり=伊豆山の姫の沢公園