グラウンドゴルフを楽しむ参加者=多賀小

 ■子どもら「難しい」

 熱海市の下多賀町内会(中島和昭会長)は6日、市立多賀小グラウンドで「第12回グラウンドゴルフ大会」を開いた。子どもから高齢者まで93人が参加し、青空の下で親睦を深めた。

 住民の交流を目的にした大会で、時間別にA~Cのグループに分けて行った。参加者は5、6人で1~8番ホールを回り打数を競った。普段プレーしていない子どもや保護者らはホールポストになかなか入れられず「難しい」「強く打ち過ぎた」と笑いながら競技を楽しんだ。

 中島会長は「年齢の垣根を超えて、和気あいあいとプレーしてもらいたい」と話した。

 各グループの優勝者は次の人たち。

 A 荻野美江、都築勝支郎▽B 久津間幸弘▽C 野崎豊尋

 【写説】グラウンドゴルフを楽しむ参加者=多賀小