50回目の山車コンクールに向け、注意事項に耳を傾ける各町内会の代表者ら=来宮神社

 ■全体会議で注意点、日程確認

 熱海市の夏の一大イベント「熱海こがし祭り・山車コンクール」は、来宮神社の例大祭(7月14~16日)に合わせ、15、16日に中心市街地で開かれる。山車コンクールは今夏で50回を数えることから、フィナーレに花火を打ち上げて節目を祝う計画で、8日夜に同神社で開かれた全体会議で説明された。

 会議には各町内会、神輿(みこし)団体などから約70人が集まり、コンクールの注意点やスケジュールを確認し、山車や神輿の安全運行を誓った。

 記念の花火は16日の山車運行終了後、交通規制解除のために車両の交通を止める午後8時55分から打ち上げる計画で、調整を進めている。二尺玉と大空中ナイアガラで祭りのフィナーレを演出する。

 熱海こがし祭り実行委員長の中島幹雄・市観光協会長は「花火が実現すれば誘客にもつながるのではないか」と語り「50回の記念の祭り。大成功に終わるように協力をお願いしたい」と呼び掛けた。

 雨宮盛克宮司は「祭りは地域の和の強さを表すといわれる。皆さんに喜んでもらえる盛大な祭りにしてほしい」、芥川暉・祭典委員長は「皆さんの協力を得て精いっぱい奉仕したい」とあいさつした。

 【写説】50回目の山車コンクールに向け、注意事項に耳を傾ける各町内会の代表者ら=来宮神社