楽しげに体力測定にチャレンジする参加者=泉公民館

 熱海市主催の認知症予防講座「アクティブシニアの脳活セミナー」が16日、泉公民館で開講した。泉地区の60~80代の女性4人が参加し、初日は身体・体力測定と脳年齢テストにチャレンジした。

 日々の生活習慣を見直し、認知症を予防しようと毎年開いている。7月まで隔週1回計5回のシリーズで、保健師、栄養士、健康運動指導士、歯科衛生士の指導で運動や食事の在り方、そしゃくなどを実技と講義で学ぶ。

 初日は身長、握力、片足開眼立ちなどの身体・体力測定からスタート。片足開眼立ちでは10秒持続できない人もいて、加齢によって衰えた体力、身体機能を痛感した様子だった。初参加の赤松磨知子さん(79)は体力測定の結果に苦笑し、「認知症予防に役立つ運動、食生活を学んで帰りたい」と話した。

 同セミナーは9月から南熱海マリンホール、来年1月から市総合福祉センターでも開かれる。

 【写説】楽しげに体力測定にチャレンジする参加者=泉公民館