来園者を魅了するホタルの乱舞=熱海梅園

 ■「幻想的できれい」

 熱海市の熱海梅園で1日夜、「ほたる観賞の夕べ」(市観光協会主催)が開幕した。初川の清流に無数のゲンジボタルが乱舞し、来園者を魅了している。

 園内がだんだんと暗くなり、午後7時ごろになると淡い光を放つホタルが水辺を舞い始め、次第に数が増えていった。遊歩道や橋の上に集まった来園者は「たくさんいる」「すごい」と歓声を上げ、ゆらゆらと飛び回るホタルを眺めた。

 同イベントに合わせて姉妹で訪れたという東京都豊島区の小島史子さん(63)は「ホタルを見るのは子どものころ以来で、自然な環境の中では初めて見る。幻想的でとてもきれい」と笑顔を見せた。

 10日まで。開催時間は午後7~9時で、園内の照明を消して誘導灯(フットライト)を点灯する。入園・見学は無料だが、駐車場は有料で300円。問い合わせは市観光協会〈電0557(85)2222〉へ。

 【写説】来園者を魅了するホタルの乱舞=熱海梅園