仕入れる商品の特徴などを聞く生徒ら=和田町の熱海菓子工房ニコリーフ

 県立熱海高ビジネス観光類型の2年生25人は20日、夏に行う販売実習に向けて商品の仕入れ先を訪問した。商品の写真を撮り、各企業・事業所から説明を受けた。

 熱海伊東法人会青年部と連携した起業家育成プロジェクト授業の一環で、販売促進に効果的なポップ(店頭・店内広告)を作るために実施した。生徒たちは4グループに分かれて仕入れ先を回り、商品の味やこだわり、保存方法、賞味期限を聞いた。

 和田町の熱海菓子工房ニコリーフを訪れたグループは、同店の「ひらきパイ」についてショップマネジャーの越地千春さんから「ミルキーな優しい味わい」などと特徴を聞いた。井上天海(のあ)君は「商品がしっかりと売れるようなポップを考えていきたい」と話した。

 販売実習は7月27日、8月3、17、24日に各グループごとに1回ずつ行う。

 【写説】仕入れる商品の特徴などを聞く生徒ら=熱海市和田町の熱海菓子工房ニコリーフ