■市民対象、応募者にメール

 熱海市は、市が取り組んでいるロケ支援事業で、ドラマ撮影に協力するエキストラの登録制度を始める。年齢性別は問わず市民が対象で、担当者は「熱海を盛り上げる支援体制を築いていきたい」と多くの協力を呼び掛けている。

 市は2012年6月に行政がロケを誘致・支援する「ADさん、いらっしゃい」をスタートした。現在は年間100本前後を支援し、市の大きなプロモーションツールとなっている。

 これまでは市職員が業務に支障がない範囲で、上司の許可を得て無償(時間外含む)、秘密保持を徹底しエキストラを務めていた。多くの撮影を職員で補うのは難しいため、登録制を採り入れてエキストラ不足解消を図る。

 登録者には市観光経済課メディアプロモーション戦略室が、募集内容をメールで送信する。出演可能な場合は返信して、市が詳細を知らせる。応募多数の場合は市で選ぶ。撮影に参加した場合でも原則として日当などは出ず、中学生以下は保護者の同伴が必要となる。

 登録はメールで行う。問い合わせは同室〈電0557(86)6194〉へ。